CDブック中国語でうたおう きらきら星イギリス英語でうたおう きらきら星チャンツでチャレンジ!チャイニーズアーティスト紹介キャラクター紹介園や学校でのご活用実績ちびっ子モデル集合!販売店のご案内ご注文フォーム
ロンドン出身のボーカリストが歌う、自然で美しいイギリス英語のCDブック。

聴きなれたアメリカ英語とは違った音を持ち、ヒアリングにも効果的です。

プロのミュージシャンによる本格的な音楽は大人でも楽しめる高いクオリティで、
まるでロンドンのライヴハウスで聴いているような臨場感!

クラシック、ジャズ、ロック、ボサノヴァ、レゲエ、HipHop、 テクノ、ラテン、
ブルースのほか、60年代のリバプールサウンドやケルト音楽、ブリティッシュ
プログレなど、イギリスならではのジャンルも網羅しています。

子どもの耳と感性と語学脳を育む、ジュエリンズの「多言語シリーズ」第二弾。

イギリス英語でうたおう きらきら星

イギリス英語でうたおう きらきら星

(画像をクリックすると拡大します)
CD1枚(うた20曲+カラオケ20曲)+ 絵本1冊(オールカラー48p、歌詞、解説、日本語訳、アクション、楽譜つき)
価格:1,600円+税 (送料別)
主な対象年齢:0歳〜10歳

特長と使い方

このCDには、音楽によって身体的・感覚的・知的に優れた子どもを育成する 「リトミック」の要素を取り入れています。 様々なタイプの音楽によってリズム感、拍子感など音感の基礎が自然に身につくほか、「歩く」「跳ぶ」などの動作と音楽が自然に連動するよう工夫されています。歌って体を動かして楽しみながら、豊かな感性を育てましょう。

英語の歌詞には、あえてカタカナの読みがなを振っていません。 カタカナに頼ると、正しい外国語の音を聴き取る妨げになってしまうからです。できるだけ耳でたくさん音を聴くようにしてください。

各曲のカラオケも収録されています。 歌を覚えたらカラオケで歌ってみましょう!最初はCDと発音が違っても気にせず、気持ちよく歌ってください。CDをたくさん聴いているうちに、だんだんネイティブの発音に近づいてきます。子どもが「楽しい!」と思うことが何より大切です。

ボタンをクリックすると試聴できます!
No. 日本語タイトル 試聴 英語タイトル
1 とんまなサイモン - Simple Simon
2 メリーさんの羊 Mary Had a Little Lamb
3 きらきら星 Twinkle Twinkle Little Star
4 ロンドン橋 London Bridge
5 十人の子どもたち - Ten Little Children
6 くだものを食べよう - Let's Have Some Fruits
オリジナル曲
7 大きな栗の木の下で Under the Spreading Chestnut Tree
8 わたしの一日 - A Day of Mine
オリジナル曲
9 お父さんはどこ? - Where Is Father?
10 お誕生日おめでとう Happy Birthday to You
11 ちいさなピーター・ラビット - Little Peter Rabbit
12 誰のお鼻がボクより長い? - Whose Nose Is Longer than Mine?
オリジナル曲
13 あたま、かた、ひざ、つま先 Head, Shoulders, Knees and Toes
14 マクドナルドおじいさんの牧場 Old MacDonald Had a Farm
15 みんなで歩こう Let's Walk Together
オリジナル曲
16 七歩 Seven Steps
17 元気な子ども - Look at Me!
オリジナル曲
18 マフィン売り - The Muffin Man
19 幸せなら手をたたこう If You're Happy and You Know It
20 バラの輪をつくろう Ring-a-Ring O' Roses
 全20曲のうち15曲は、世界中の子どもたちに広く歌われていて、英語のレッスンでもよく使うものです。
 日本で使われている教材の多くはアメリカ英語ですが、このCDのボーカルはイギリス英語なので、ふだん聴いているものとは発音が少し異なるかもしれません。その違いもぜひ楽しんでみてください。
 オリジナルソング5曲には、身近な単語やよく使う表現をたくさん入れました。子どもたちはもちろん、英語を勉強しているお家の方にも役立つと思いますので、ぜひ一緒に聴いてみてください。


1. どうしてイギリス英語CDなの?

生まれたばかりの赤ちゃんは色々な言語の音が聴き取れますが、
日常的に耳にしない音はそのうち聴き取れなくなってしまいます。

そこで、子どもがまだ小さいうちに、色々な言語の音を楽しく
耳に入れてあげたい、という思いで作られているのが、
ジュエリンズのCDブックです。

ところで、日本で使用されている英語教材の多くは、アメリカ
英語を用いています。そのため、普段イギリス英語を耳にする
機会はあまり多くありません。また、実はイギリス英語のほうが
アメリカ英語よりも広くて高い周波数帯を持っている
という説も
あります。

一方で、日本語の周波数帯はとても低いと言われています。
つまり日本語とイギリス英語の間には、アメリカ英語との間より
もっと大きな開きがある
と言えるのです。

そこで、耳や脳がまだ柔軟な小さいうちに、イギリス英語を
日常的に聴くことで、持って生まれたヒアリング力を無理なく
楽しく維持
できるように、という目的でこの作品を作りました。


2.イギリス英語とアメリカ英語は何がちがうの?

大きく分けると、「単語」「発音」「スペル」「言い回し・表現」の
違いがあります。ここでは子どもたちにも分かりやすい「単語」
と「発音」の違いについて触れます。

まず、最も分かりやすいのは単語の違いです。
ズボン、運動靴、消しゴム、ごみ、わたあめ、サッカー、など
子どもたちにもなじみのある単語が、イギリスとアメリカとでは
異なります。
例えば“pants”という単語は日本語の中にも定着していますが、
これはアメリカ英語です。では、イギリス英語では何というので
しょうか?
答えは、17曲目の「元気な子ども」にも出てくる“trousers”です。
その他の例も、本書のP44〜P45に詳しく書いているので
ぜひご覧ください。

次に分かりやすいのは、発音の違いです。
特に顕著なのが“r”の発音で、イギリス英語では母音の後ろの
“r”はほとんど発音していないように聞こえます。

例えば、1曲目の「とんまなサイモン」では“fair”や“ware”
がそうです。アメリカ英語ならば「フェアー」「ウェアー」の
ように聞こえるところが、イギリス英語では「フェー」「ウェー」
と聞こえます。

また“t”の発音の違いも分かりやすいです。イギリス英語では
母音に挟まれた“t”をよりはっきりと発音します。

そのため、アメリカ英語ではむしろ「ラ行」や「ダ行」のように
聞こえるところが、イギリス英語では「タ行」に聞こえます。
2曲目の「メリーさんの羊」の“little”や“white”がそうです。

他にも“th”や“o”や“a”の音など色々ありますので、
ぜひCDを聴いて実際に違いを体験してみてください。



↓ ご注文はこちら ↓
イギリス英語でうたおう きらきら星 ご注文フォーム